相続・遺言のことならお任せ!平塚片野司法書士事務所

平塚・大磯・二宮、近隣の方へ。相続・遺言のことならお任せください!

遺産の名義変更等

預貯金、不動産など相続する遺産がある場合はなるべく早く名義変更を行うことをお勧めします。不動産を例にとりまして、名義へ変更の仕方をご案内します。

1)遺産分割協議の終了

被相続人名義の不動産を誰が相続するのかを決定します。


2)登記に必要な書類の収集

  1. 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等
  2. 住民票の除票の写しまたは、戸籍の附票の除票
  3. 法定相続人全員の印鑑証明書
  4. 相続財産をもらい受ける相続人の住民票の写し
  5. 相続する不動産の固定資産評価証明書
  6. 相続する物件の登記事項証明書

3)登記申請書の作成

登記の申請書を作成する場合の詳細は、状況によって複雑に変化します。私たち司法書士に依頼する方が、正確かつ速やかに実行できることでしょう。


4)法務局への登記の申請

登記の申請書に集めた書類をまとめ、相続する不動産を管轄とする法務局に登記申請をします。提出した書類に不備がなければ1週間程で登記が完了し、不動産の名義が変更されます。

ページトップ

相続・遺言のことなら片野司法書士事務所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24番33号201A TEL:0463-22-6686

Copyright (C) 2014 KATANO OFFICE. All Rights Reserved.