相続・遺言のことならお任せ!平塚片野司法書士事務所

平塚・大磯・二宮、近隣の方へ。相続・遺言のことならお任せください!

相続税の対策

相続税の節税対策。これは大きく「生前贈与」と「生命保険を使った納税金準備」に分けられます。

1、生前贈与

   生前贈与とは生きているうちに相続人や相続人以外の孫などに財産を贈与し、相続財産の総額を減らす方法で相続税対策の基本とも言えます。


① 贈与税の配偶者控除を利用する
この場合は対象となる財産が限られていること。1人に対して一生に一度しか使用できないということを知っておかなければなりません。


② 贈与税の基礎控除である110万円の非課税枠を使い贈与も行えます。これは110万円と比較的少額ですが、毎年利用することができ、孫などの法定相続人以外にも適用されます。


生前贈与は相続開始前3年以内の贈与は相続財産に含まれるため、贈与効果がないことを知っておきましょう。
 


2、生命保険を使って納税金を準備

これはやがて納税すべき税金を準備しておこうという考えです。基本は被相続人が加入している生命保険の受取人を相続人名義にしておくことです。生命保険の場合は500万円に法定相続人を掛けた金額には相続税がかかりません。これを生命保険の非課税限度額といいます。たとえば相続人1人あたり500万円の非課税額があり、家族が妻と3人の子供である場合は2000万円の納税準備金が用意できます。また払い込んだ分だけ相続財産が減ることとなり、節税効果が生まれるのです。

 

相続税対策はいずれにしましても専門的な知識が必要となりますので、お気軽にご相談ください。

ページトップ

相続・遺言のことなら片野司法書士事務所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24番33号201A TEL:0463-22-6686

Copyright (C) 2014 KATANO OFFICE. All Rights Reserved.