相続・遺言のことならお任せ!平塚片野司法書士事務所

平塚・大磯・二宮、近隣の方へ。相続・遺言のことならお任せください!

遺言の執行手順

遺言の執行を実現させる方法は下記の通りです。

①遺言者の財産目録を作成する

どのような財産を残したかがわかる目録と共に、それを証明する登記簿や権利証を添付して相続人に提示します。


②相続人の相続割合と遺産分配の実行

遺言に基づいて相続割合の指定を行い、遺産を分割します。


③財産の不法占有者―の通告、移転の手続き請求

相続人の財産占有している人がいる場合は明け渡しを求め、移転の手続きを推し進めます。


④遺贈受遺者に遺産を引き渡す

遺言に記された相続人以外の人に遺産を受遺させる場合、遺言に基づいて遺産を引渡します。


⑤認知の届け出を行う

認知の遺言があった場合は戸籍の届出を行います。


⑥家庭裁判所に相続人の廃除、排除の取り消しを申し立てる


遺言執行者は上記の職務を執行していきます。権限としては相続人に報告する義務と共に、執行が終了するまでは全ての財産を差し止めする権限を持っています。

ページトップ

相続・遺言のことなら片野司法書士事務所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24番33号201A TEL:0463-22-6686

Copyright (C) 2014 KATANO OFFICE. All Rights Reserved.