相続・遺言のことならお任せ!平塚片野司法書士事務所

平塚・大磯・二宮、近隣の方へ。相続・遺言のことならお任せください!

遺言書の検認

公正証書遺言は公証役場が保管しているために、相続開始後に遺言者の意思を確認できます。自筆証書遺言は、その存在がわからないというケースもあるため、見つけた場合は速やかに家庭裁判所に提出することになっています。家庭裁判所は遺言書を相続人立会いのもとにその状態や形式を確認して、検認調書という公文書を作成します。この検認調書は遺言の有効か無効かを決めるものではありません。


①遺言が見つかった場合

自筆証書遺言の場合は家庭裁判所に持っていきますが、公正証書遺言はその必要はありません。自筆証書遺言を見つけた場合は開封せずに、そのまま家庭裁判所に持っていき検認することが法律で定められています。

②複数の遺言書を見つけた場合

遺言書が何通か見つかる場合があります。この場合は遺言者の意思を考えて、遅い日付のものが優先されます。日付は封をされているので、全ての遺言書を家庭裁判所に持ち込むことが大切です。

ページトップ

相続・遺言のことなら片野司法書士事務所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24番33号201A TEL:0463-22-6686

Copyright (C) 2014 KATANO OFFICE. All Rights Reserved.