相続・遺言のことならお任せ!平塚片野司法書士事務所

平塚・大磯・二宮、近隣の方へ。相続・遺言のことならお任せください!

相続欠格

相続には「相続欠落」と言って、一定の不正行為の元に相続人となる資格を失う場合があります。民法上に「生命侵害に関する行為」と「遺言への違法な干渉行為」の二種に大別され、5つが規定されています。この欠格にあてはまりますと、相続資格の喪失の効果が発生し、受遺者となることもできなくなります。ただ欠格者になっても他の相続人にはなれますし、欠格者の子供は代襲相続人となります。

相続欠格事由

  1. 故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者。
  2. 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
  3. 詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者。
  4. 詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者。
  5. 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者。

ページトップ

相続・遺言のことなら片野司法書士事務所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24番33号201A TEL:0463-22-6686

Copyright (C) 2014 KATANO OFFICE. All Rights Reserved.