相続・遺言のことならお任せ!平塚片野司法書士事務所

平塚・大磯・二宮、近隣の方へ。相続・遺言のことならお任せください!

不動産名義(相続登記)のこと

被相続人が所有していた不動産は相続人全員に共有されます。相続した不動産の名義変更登記は一般的に、遺産分割協議後に行います。不動産を相続された方の相続登記の手順は下記の通りになります。

  1. 遺産分割協議の終了
    誰が不動産を相続するかを決定します
  2. 必要な書類の収集
    登記に必要な書類を収集します。
  3. 登記申請書の作成
    この登記申請書の作成はケースごとに異なるので、司法書士にご依頼ください。
  4. 法務局への登記申請
    書類一式をまとめて法務局へ登記を申請します。およそ1週間前後で登記が完了します。

不動産名義(相続登記)は司法書士に依頼するとスムースに進捗できます。詳しくは「不動産名義の変更」をご覧ください。

不動産の名義変更の手順

1)遺産分割協議の終了

被相続人名義の不動産を誰が相続するのかを決定します。

2)登記に必要な書類の収集

  1. 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等
  2. 住民票の除票の写しまたは、戸籍の附票の除票
  3. 法定相続人全員の印鑑証明書
  4. 相続財産をもらい受ける相続人の住民票の写し
  5. 相続する不動産の固定資産評価証明書
  6. 相続する物件の登記事項証明書

3)登記申請書の作成

登記の申請書を作成する場合の詳細は、状況によって複雑に変化します。私たち司法書士に依頼する方が、正確かつ速やかに実行できることでしょう。

4)法務局への登記の申請

登記の申請書に集めた書類をまとめ、相続する不動産を管轄とする法務局に登記申請をします。提出した書類に不備がなければ1週間程で登記が完了し、不動産の名義が変更されます。

ページトップ

相続・遺言のことなら片野司法書士事務所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24番33号201A TEL:0463-22-6686

Copyright (C) 2014 KATANO OFFICE. All Rights Reserved.